忍者ブログ

ASUKA KUSHITANI + Urushi Works

copyright © 2009 Asuka Kushitani All rights reserved.

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

港南図書館にて

2018年11月22日~12月7日

港区立港南図書館での漆芸展に出品しています。
大学院の修了制作5点のうちの1点です。
久しぶりに陽の目を浴びました。

品川駅から遠いですがお近くにお出掛けの際はどうぞお立ち寄りください。

PR

出産を控えて

7月に二人目を出産予定です。
今お預かりしている器はそれぞれお直しを進めております。
上の子が4月から保育園に入れたので以前より、漆継ぎに集中しやすくなったものの、
やはり臨月に入りペースが落ちています。
長い間お待たせしてしまい申し訳ありません。

少しずつ完成に近づくと器が、器に戻る瞬間が感じ取れます。
器のささやかなよろこびの表情が好きで漆継ぎを続けています。

産後、余裕ができればお直しの窓口をつくることも考えています。
子育てを楽しみながら漆継ぎを続けていきます。

わたしたちにできることを考えました

わたしたちの仕事は木と漆で器を作ることです
でもそれが直接 震災に合われた方へ支援にはならず
無力さともどかしさを感じていました

漆は作ることもできますが 強力で安全な接着剤として
割れたやきものを直すこともできます

そこで

地震で大切なやきものの器が割れてしまった方へ

○漆継ぎを致します
 お預かりしたお金の一部は材料費として
 それ以外は日本赤十字社を通して東日本大地震の震災に合われた方への
 義援金とさせて頂きます

○一点につき2,000円
 内訳  義援金1,500円 / 材料費として500円

○漆は日本産(岩手県浄法寺産)を使います

○受付期間は4月1日~6月30日まで

○月に一度 ホームページ及びブログで 日本赤十字社へ募金の振り込みをお知らせ致します

○器の受付 引き渡しの窓口を
in-kyo (東京都台東区 蔵前)
Shingoster LIVING(茨城/つくば)にお願いしてあります

○量の上限は設けませんが こういうときですので配送は控えさせていただき
 手持ちのみ
でお願いいたします

○お直しの期間は1カ月~3カ月ほど 
 複雑なもので手間がかかる場合 量がたくさんの場合は6カ月見て頂きたいと思います
 
○地震以前に割れて (かけて) しまったものでもかまいません
 
○受付の順番でお直しさせていただきますのでご理解お願いいたします


おねがいしたいこと 

○一点ごと ひとまとめにしてお持ちください

○お代金は受付の際にご一緒にお願いたします

○あまりに高価すぎる器 大きすぎる器 は申し訳ないのですが引き受けかねますのでご理解ください
 
○配送の受け取り 引き渡しは控えさせていただきます かかえきれる量でお願いいたします

○仕上がりは艶なしの黒色になります

○完成の際は 宮下智吉 よりお客様へ メールもしくは電話(夜7時前後)にてお知らせいたします


○その他のお問い合わせは宮下智吉までお願いたします メール
tomoomot@kvf.biglobe.ne.jp


元気な人がもっと元気になってもらいたいための私たちの出来ることです


お直し風景 経過は可能な限り ブログにて報告させていただこうと思います
よろしくお願いいたします

kintsugi.jpg











宮下智吉 
櫛谷明日香


 

掲載されました!

kurashinomannaka.jpg
15日発売の、

別冊 天然生活

「暮らしのまんなか」からはじめるインテリア VOL.13

「食卓」のある風景

に掲載されました!

器のことと、メインは我が家の食卓もようです。

ちょうど休業して充電期間中だったので丸々としていますが、ご愛嬌。

本屋さんで見かけたらチェックしてみてください。



きのう、16ミリ映写機の講習会に参加して、上映免許をもらいました。

カタカタカタと音を立てる映写機。

今となっては懐かしい道具。

ちょっとしたミスでフィルムが溶けたり切れたりしてしまうので慎重に。

音も映像も大切に扱われていたんだなぁと思いました。

 

漆器祭

木曽の漆器祭に出かけてきました。

今年で4回目ですが、何度足を運んでも木曽の風景には見とれてしまいます。

絵に描いたように、まあるい山に囲まれて透き通るような川の周りにある集落。

日差しが強くて、川の水が恋しくなるくらい。夏のようでした。

大学の先生の漆器屋さんでお手伝い。手伝いになったのかどうかわかりませんが。。。

毎年の流行があるようで、以前はお箸、お弁当箱、とありましたが

今年はお盆が人気でした。

そういえば、祖母もお盆を探していたような。

家で食事をする人が増えてきたら、家の中にちょっといいものを揃えるようになるのかもしれません。


 

copyright © 2009 Asuka Kushitani All rights reserved.

忍者ブログ [PR]